2020年6月1日。神谷建設は、KAKUGOに生まれ変わります。
K A K U G O
SKIP→

KAKUGO

K A K U G O
scroll

未来は、予測するものではなく、つくるもの。
しかし、変化は、時に恐れをともないます。
だからといって、変革の一歩を
躊躇していては何も起こせない。
変化の先にしか、
自らが望む未来が存在しないのであれば、
始まりの一歩は、勇気とともにある。

ならば私たちは、より良き未来へと踏み出す勇気を、
奮い立たせる存在でありたいと思います。

私たちは、業種業界をまたいだ総合問題解決ファーム。
お客様や地域社会、世の中の人々、それぞれが描く、
より良き未来づくりに伴走し、未来を望む自由を、
誰もが等しく持てる社会の実現を目指します。

人や企業が、手にしたい未来を望む勇気が生まれ、
強い意思と行動力によって
望む未来を手にするきっかけとなる。
そんな仕事こそが、
私たち自身が望む未来の姿でもあるのです。

望む未来を望む、勇気を。

社名に「KAKUGO」を背負う覚悟

WHY KAKUGO?

急速な変化が次々と訪れる時代において、
変化し続けなければ、成長はない。

わかってはいる。
しかし会社には、変化を阻む現実的な壁がある。
時に、理想を掲げることすらできない心の壁がある。
そんな未来を阻むあらゆる壁を取り除き、
お客様の望む未来をともに描き、
ともに火の粉を浴びながら添い遂げたい。

自分たちの存在意義を明らかにする中で見えた
揺るぎない信念を持って、この社名を掲げる決意をしました。
冗談のような社名に聞こえるかもしれませんが、本気の塊。
社名そのものが私たちのアイデンティティ。
総合問題解決ファーム、KAKUGOです。

KAKUGOは何をどこまで覚悟するのか

WHAT’S KAKUGO

私たちは、単なる外部ブレインで収まりたくありません。
知恵は、行動がセットにならなければ意味がない。
上から目線の理想論に終始するアドバイザーではなく、
あるべき姿を実現するまで必ずご一緒することを価値とする集団です。

お客様の経営を自分ごとと捉え、望む未来を可視化する。
目先の課題解決よりも、目的を見つめ本質的な問題を発見する。
ゴールに向けたプロセスとアクションを緻密に計画し実行する。
さながら、いち事業部員として永続的発展を実現するために、
臆さず本質的な議論も行います。

お客様が成長しなければ、私たち自身の価値もない。
そう腹をくくり、お持ちするご提案一つひとつ、
お話する言葉一つひとつにさえ、覚悟を持ってのぞみます。

KAKUGO
お客様

気合いの先の具体策、3つの「かく」

HOW WE DO?

望む未来を明確にし、緻密な解決策を考え、実現するまでともにやり抜く。
言葉にすれば至ってシンプルですが、行うことは簡単ではないこのステップ。
あるときは頭脳として、あるときはトレーナーのように、そしてあるときは頼れる仲間として。
そのプロセスマネジメントが総合問題解決ファームとしてのKAKUGOの役割です。

お客様が望む未来へ向けて、一歩一歩あゆみ続けるために。
私たちは3つの「かく」を通じて実現します。

1 望む未来を描く 2 画く 3 書く1 望む未来を描く 2 画く 3 書く
描く

あらゆる未来は、逆算から実現します。その前提から考え、まずは描くこと。理想が高くとも、描かなかったことは形にならない。ならばまずは、壮大であろうとも、ありたい姿をともに描きます。

画く

望む未来が定まったら、理想と現実の間のギャップを明確化。お客様に対して、何が一番ベストであるかを念頭に置き緻密な実現計画に落とし込んでいきます。

書く

決めた実現計画を、実際に書くことで行動目標に落とし込み、実行。着実に前進するためのサポートをしながら、必ずお客様と目的達成までご一緒します。

IDENTITY SYMBOL

KAKUGO

私たち自身が望む未来を実現するために、自社において3つの「かく(描く・画く・書く)」を大切にする、3かく運動をすすめてきました。お客様のあるべき姿の実現にコミットメントする覚悟と3つの「かく」をもって、未来へ直進する(GO)。その志を社名だけでなく、アイデンティティ・シンボルに込めました。

MESSAGE

未来永劫、“お客様から認められ
強く必要とされ続ける”ために。

代表取締役社長 神谷 義昌

代表取締役社長

神谷 義昌

2020年6月1日。神谷建設株式会社は、カクゴ株式会社へ生まれ変わります。これは当社がミッションとして掲げる“お客様から認められ強く必要とされ続ける”企業になるための、逆算からたどり着いた決断です。

振り返れば私たちの歴史そのものが、社名でもある覚悟の連続でした。長年続けてきた官庁工事依存100%からの完全脱却。お客様を製造業の企業だけに絞ったこと。単なる建設会社ではなく、建設・不動産のコンサルティング会社への転換。これらすべての局面で悩み苦しみましたが、その都度、ミッションに繋がる行動のみを正とし、不退転の決意で変化への舵を切り続けてきました。

これから私たちは、お客様の望む未来を共に形にしていく総合問題解決ファームとして伴走者であり続けます。あるべき姿を設定し、厳しく緻密なデータに基づいた問題解決に立ち向かう。お客様と一心同体になり、欠かせないパートナーとして認めていただけるまで、決してあきらめない。その覚悟を持って生まれ変わった新会社。

カクゴ株式会社を、今後ともよろしくお願いいたします。

お聞かせください、未来のこと。

お名前(必須)
フリガナ(必須)
貴社名(または大学名)
部署(または学部学科)
役職
郵便番号
ご住所
お電話番号(必須)
携帯電話番号
メールアドレス(必須)
お問い合わせ内容